賃貸住宅の場合、駐車場や遊休地などの「非住宅用地」を所有している場合と比較して、固定資産税が1/6、都市計画税が1戸200平方メートルまで1/3になるなど、税金が軽減されるというメリットがあります。
アパートが建築されている場合は、相続税も大幅に軽減されます。

アパート経営などの賃貸経営は、大家として健全な経営ができれば、毎月安定した家賃収入を長期的に得ることができるというメリットがあります。
私的年金として、老後の生活資金の確保を目的にアパート経営を利用する方も少なくありません

物価が上昇すると、貨幣価値は下がりますが、不動産はこのようなインフレに合わせて価値が変動する「現物資産」となります。
変動に強い不動産を所有することは、インフレ対策として有効であると言えるでしょう。